2007年07月25日

国民年金保険料

国民年金保険料は、性別・年齢・所得に関係なく定額です。
資格を取得した月から、資格を喪失した月の前月まで納めます。

第1号保険者の保険料定額保険料 平成19年度 月額14.100円(加入者が必ず納める保険料)
国民年金保険料は毎月分を、翌月の末日までに納めます。
なお、保険料をまとめて前払いすることにより割引される前納制度や便利な口座振替制度もあります。
※前納した方が厚生年金に加入したときなどは、その月以後の保険料は還付されます。

お支払方法
現金で納付される場合は、毎年4月もしくは随時に国(社会保険事務所)から送られる納付書を使用して、銀行等の金融機関、郵便局、コンビニエンスストア(納付書に記載)、社会保険事務所等で支払います。
口座振替の場合は、申込書は納付書と同封して送られてきますので、記入して郵送します。

保険料は2年を過ぎると納めることが出来ません。

国民年金保険料は年々上昇しています。
これからも、とどまること知らずなんでしょうか。

第2号および第3号被保険者の保険料
第2号・第3号被保険者は、第2号被保険者が加入している年金制度(厚生年金や共済組合)から拠出金として支払われますので、個別に国民年金の保険料を納める必要はありません。
posted by 厚生年金基金 at 17:49| 国民年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。