2007年07月14日

国民年金加入者とは

原則として日本国内に住む20歳以上60歳未満の方は、国民年金に加入することになります。(※年金に関する協定を結んでいる外国籍の方など一部の人を除く)

強制加入者
@第1号被保険者:農林魚業、商業などの自営業者とその配偶者。
および、20歳以上の学生・専門学校生など。
A第2号被保険者:会社員・公務員などの厚生年金保険や共済組合の加入者。
B第3号被保険者:第2号被保険者に扶養されている、20歳以上60歳未満の方。ただし、勤務先を通じて社会保険事務所に届出が必要です。

任意加入者
(希望することで加入できる方)
@日本国内に住所のある60歳以上65歳未満の方
A日本国内に住所があり、60歳未満で老齢年金か退職年金を受けている方
B海外に在住していて日本国籍のある、20歳以上65歳未満の方
C昭和40年4月1日以前に生まれ、加入期間の不足により老齢年金を受給できない方は、65歳以上70歳未満の間で受給期間を満たすまで加入できます(高齢任意加入の特例)
※老齢年金の繰上げ支給を受けている方は任意加入できません。
posted by 厚生年金基金 at 01:19| 年金制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。