2007年08月02日

基礎年金番号の確認

基礎年金番号は、公的年金制度に加入している方や加入したことがある方は全員が所持している番号です。

年齢が20歳未満の方の場合
過去にどの公的年金制度にも加入したことがない場合は、会社からその届出を受けた社会保険事務所において、新しく基礎年金番号を払出し、その基礎年金番号を記載した年金手帳を作成します。
公務員や私立学校の教職員等で共済組合に加入する方には、所属の共済組合からの届出を受けた社会保険業務センターが新しく基礎年金番号を払出し、基礎年金番号通知書を作成します。
なお、遺族年金の受給権者であった方には、基礎年金番号があります。

年齢が20歳以上の方の場合
国内に居住する方は、全員が国民年金・厚生年金保険・共済組合のいずれかの年金制度に必ず加入することになっています。
そのため、20歳以上の方の場合、基本的には全員が基礎年金番号をもっています。
20歳の誕生日の前日における住所(住民票)が親元の場合、国民年金はその住所で加入することになります。年金手帳がご両親のお手元で保管されている場合がありますので、ご確認ください。
【関連する記事】
posted by 厚生年金基金 at 16:31| 基礎年金番号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。